使い勝手で選ぶ複合機

使い勝手で選ぶ複合機

使い勝手で選ぶ複合機

経営者が冒す5つの間違いをチェック

使い勝手で複合機を選ぶときは、まず「給紙方式・トレイ容量」「印刷速度・コスト」をチェックするといいと思います。

まず最初に考えたいのが、給紙方式やトレイの容量です。
一般的に過程での主な用途としては「A4一般文書印刷」と「L版・はがきサイズの写真印刷」が中心なのではないでしょうか。この2つを切り替えるたびに、その都度その都度トレイの中身を入れ替えるのはとても面倒ですね。前面と背面など2つ以上の給紙トレイを用意しているモデルでしたら、前面はA4文書、背面はL版といったように使い分けることができます。プリンターを使う頻度が高い人は、それぞれのトレイ容量も含めて必ずチェックしておきましょう。

そして、意外とストレスとなるのが、印刷速度です。
レポートなど文書を多く印刷する方は、印刷スピードは気になるところですね。日本のメーカーはL判の印刷スピードを掲載しているので、ここを確認します。L版で1枚何秒、A4だと何秒といったように、スペック表にかならず書いてあるので事前にチェックしておきましょう。
どのメーカーのどのモデルも同じ標準文書を基にして速度を測定しているので、参考になるはずです。L判1枚を、20秒以内で印刷できれば、速いほうだと思います。

印刷コストはだいたいどのメーカーも横並びですが、だいたいの目安としてつかんでおくといいと思います。

経営者が冒す5つの間違いをチェック

Topページへ戻る