写真印刷で選ぶ複合機

写真印刷で選ぶ複合機

写真印刷で選ぶ複合機

経営者が冒す5つの間違いをチェック

まず、デジカメ画像を印刷する場合は、多くの人は「まずPCに取り込んでから、画像を選んで印刷」という流れをとっているのではないでしょうか。
便利なことに、最近の複合機は、ネットワーク(LAN)経由で印刷できるものが多いのです。複合機を有線LANまたは無線LANでつないで使います。何が良いかと言うと、ネットワーク(LAN)につながっているパソコンであれば、どこからでも、何台からでも印刷することができるところです。わざわざUSBケーブル等でパソコンと接続する必要がありません。また、スマートフォン等は、ネットワーク経由で印刷するので、スマートフォンなどを持っている場合には、ネットワークに対応した複合機を選ぶと良いでしょう。
でもやはり、わざわざPCを立ち上げることなく印刷したい、という方には、メモリーカードから直接印刷できるダイレクト印刷機能もあると便利ですね。

様々な機能が搭載された複合機ですが、写真印刷をするのでしたら、用紙全面に印刷できるフチなし印刷機能は必須ですね。今ではほとんどの機種に搭載されているのですが、一応、チェックはしておきましょう。

そしてレーベル印刷機能も大切です。写真やビデオをDVDやブルーレイに記録するとき、プリンタブルタイプのDVD/BDメディアに直接印刷できますから、別にラベル用紙などを購入する必要がなくなります。

他には、画像補正機能があれば便利です。この機能を使えば、逆光などで撮影に失敗した写真を、画像補整ソフトなどを使うことなく、複合機本体だけで補正して印刷できるのです。
エプソンの小顔補正+美白補正機能「ナチュラルフェイス」や、キヤノンの「自動写真補正」などがそれに当たりますね。

経営者が冒す5つの間違いをチェック

Topページへ戻る